みずほ銀行カードローン専業主婦

みずほ銀行カードローン専業主婦の条件は?

イメージ

ここまで、何度も専業主婦という言葉を使ってきましたが、その意味はご存じでしょうか?

 

今更ですが、金融業界で言われる専業主婦についてきちんと説明してみます。

 

主婦とは?

一般的には結婚している男女が共働きの場合、他人は「旦那さん、奥さん」と呼び、自らは「夫、妻」という呼び方をしますね。

 

定職に就き会社勤務している人は、主婦とは呼ばないようです。

 

主婦とは、子供の有無にかかわらず、就職せずに家事に従事している女性を言います。

 

扶養家族に入るか否かで判断する人もいるようです。

 

ちなみに就職していて家事もしている人は「会社勤めで主婦業もこなす」という表現で主婦とは違いますね。

 

 

専業主婦とパート主婦

どちらも家事を主体とした主婦を言います。

 

専業主婦は家事のみに従事している人の事で、金銭的な収入を得る仕事をしていない人を言います。

 

金融業界では「収入が無い人」という扱いなので、消費者金融カードローンは利用できません。

 

一方で、パート主婦は家事をしながらパートタイマーを副業としている人の事で、ある程度の金銭的な収入がある人を指します。

 

パート主婦の場合は、銀行でも消費者金融でもカードローン審査の申込みをすることができます。

 

 

兼業主婦とは?

あまり耳慣れない言葉ですが、パート主婦よりも広い意味で収入がある主婦のことと考えれば良いのではないでしょうか?

 

例えば、農家や個人商店などでは奥さんは家事をしながら畑仕事や店の仕事を手伝うわけですから、給料という形で個人収入が無くても家計の収入活動に労働力を提供しているわけです。

 

この場合はパート主婦でも専業主婦ではありませんからね。

みずほ銀行マイウイングの条件をチェック